1. トップページ
  2. ヒューリックリートについて
  3. 環境への取組み

サステナビリティの取組み

環境への取組み

御茶ノ水ソラシティ

1.貸室全室LED照明採用による省エネ・節電対策
環境配慮型オフィスビルとして、貸室全室にLEDを採用。共用部にもLED照明を採用し、消費電力の削減を図る。

2.太陽光発電設備を設置

3.地下鉄湧出水の活用
都内オフィスビルでも初めて地下鉄湧出水の活用を実施。未利用エネルギーを空調熱源として利用。
4.緑化
地上広場や屋上の積極的な緑化により、敷地緑化率45%を達成しています。

5、災害対策

(1)大規模災害時は非常用発電により最長72時間の電力供給を実現致します。

(2)防災備蓄倉庫完備
地下2階に約200㎡の防災倉庫を設置(千代田区備蓄倉庫を含む。)
災害時に必要となる、医療物質、防災用品、食料品、飲料水などを備蓄。

ヒューリック虎ノ門ビル

  • 1.自然換気システム、自然採光装置、Low-E複層ガラスを採用し、風や太陽光などの自然を巧みに活用したCO2削減を目指しています。
    サステナビリティの取組み
  • 2.雨水をトイレの洗浄水として再利用しています。
    3.屋上に緑化スペースを設け、オフィスワーカーのリフレッシュ空間を提供しています。
    サステナビリティの取組み
  • 4.非常時は屋上に設置された非常用発電機から共用部非常用電源に約72時間連続で電力供給します。
    サステナビリティの取組み
  • サステナビリティの取組み
  • 5.港区が管理する防災備蓄倉庫をビル2階に設置し帰宅困難者の支援等に活用される予定です。
    サステナビリティの取組み

屋上緑化

屋上緑化によって日射を遮断し、コンクリートの蓄熱を防ぐことにより空調負荷を低減し、省エネを実現できます。


壁面緑化

壁面緑化は、建築物の外観を緑で覆うことから、蒸散作用によるヒートアイランド対策となるだけでなく、アメニティを向上させることで街行く人々の心を和ませる効果も期待できます。

再生可能エネルギーへの取組み

ビルの屋上に太陽光発電パネルを設置し、「発電表示パネル」で発電状況とCO?削減量を表示します。

ページの先頭へ